FC2ブログ

まーちゃんの旅日記

明智光秀の首塚~谷性寺(こくしょうじ)

明智光秀の首塚~谷性寺(こくしょうじ)

明智光秀ゆかりの寺 谷性寺は、15世紀に活躍した武将の明智光秀と因縁が深い寺であり、光秀寺とも呼ばれているそうです。寺としては非常に小規模なものでどこにでもある、寂れた寺のようにみえました。参道の右手には花の畑がひろがり、その奥には広い茶畑がつくられていました。光秀公の供養のために建てられた首塚が立っている。もともと丹波亀山城内にあったとされる明智門があり、いたるところに明智家家紋の桔梗が彫られ...

0
大河ドラマで賑やかになる城址

大河ドラマで賑やかになる城址

丹波亀山城は 織田信長 の命を受けた 明智光秀 によって、丹波統治の拠点として築かれた城です。通常のお城と変わりなく透き通った堀で釣りをたのしむ人たち。梅もさきだし光秀の名城として知られていますが、宗教法人の聖地となってしまったことで数奇な運命をたどった光秀をしのぶ所はあまり見つかりませんでした。石垣やお堀跡で、通常のお城と変わりなく見学できます、しかし明智光秀が信長謀反へ出撃した城跡、ドラマチックな...

6
棚田の梅

棚田の梅

棚田のすみに有った梅が春をつげていました。古来から梅の花は桜とともに日本人に愛され、梅の花の名所には毎年多くの観光客が訪れますよねー。手入れが簡単なので、庭木としてや 田や畑のすみに、よく植えられています。桜より少し早く美しい花を咲かせ、我々の目を楽しませてくれるが、最近は果実を欲しがる者は少なくなりました。果実は梅干しにして、昔から農家にはなくてはならないものでした。...

4
西大寺会陽~少年はだかまつり

西大寺会陽~少年はだかまつり

日本三大奇祭のひとつ西大寺会陽(えよう)が15日夜岡山市東区の西大寺観音院で行われるのを前に、同日午後、少年はだか祭りが行われました。着かえをすませ出番をまっています。  子供会陽は、小学校1・2年生の白組、 3・4年生の青組、 5・6年生の赤組三グループに分かれて行われる。褌の前垂れに学校名と氏名を表示しています。1、2年生による 宝餅争奪戦1・2年生の男子によって編成され、思わずニッコリとしそうな可愛...

8
岡山後楽園の梅

岡山後楽園の梅

 2月早々から咲き始めた後楽園の梅が、見頃に近い状態を迎えていました。芝焼の当日すこし早めに入り撮影しました。思った通りとなりの国からの観光客はすくなかったです。梅の老木ここまで大きくなると恰好がいいでしよう、後楽園では一番咲きの梅なんです。梅の花の香りに包まれて、のんびりと後楽園の春を楽しむ人々で賑わっていました。  岡山後楽園...

7
祭りにあわせて梅の剪定

祭りにあわせて梅の剪定

2月の第三日曜日に行なわれる西大寺会陽がおわると備前平野に春が来るといわれています、公園全体に大勢の剪定作業員がきています。しかし今年は西大寺会陽の前に春がきた感じです、梅が満開です。西大寺会陽がおわると梅まつりがおこなわれます、それに合わせて梅の剪定作業がおこなわれていました。すこし花が咲くのが早かったようだ、剪定作業も見ることが出来たし、ほとんどの人が梅の小枝のお土産つきでしたよ。私も梅の小枝...

8
岡山後楽園 の芝焼き

岡山後楽園 の芝焼き

 岡山後楽園で強風のため2日ほど延期になつていた恒例の芝焼きが行われました。園内に敷かれた芝を、区画ごとに順番に焼いていくので撮影しやすい、観光客によく見てもらうための作業だ。 芝に松明で火が付けられると、ゆっくりと燃え広がっていきます。此の松明には油がたっぷりとしみこませてあるようだ、見ていると異常な位火が良くつく、 そもそも芝焼きは新芽が出る前の2月頃、古い芝に火をつけて焼き春の芽出...

8
春を迎える準備~芝焼き 

春を迎える準備~芝焼き 

昭和40年から続く岡山後楽園に春を呼ぶ行事として知られる芝焼きが行われました。松明の火で芝をなぞっていくと、黄金色の芝がみるみるうちに黒の絨毯へと変わります。  ↓今日は少し風があったので物凄い勢いでもえる。枯れ芝を焼くことによって、春の芽出しを揃えたり、病害虫駆除の効果があるそうです。しかし 後楽園の芝焼きはもう観光行事として多くの観光客を引き込む有名な行事になっています。 ↑黒い絨毯を敷きつめ...

2
梅が咲出しました~神崎梅園

梅が咲出しました~神崎梅園

本格的な春を前に梅の花が咲いているのは神崎梅園です。赤や白の可憐な花で、ひと足早く春を感じさせてくれました。今日は風が強くまだまだ厳しい寒さですが、一足早い春の訪れを感じに出かけてみました。オー! すばらしい満開です。白い梅は5分咲き、赤い梅はもう満開です。梅の香りに包まれて子供たちも走りまわる。岡山ではの梅の花のお勧めスポットです。...

4
五大力餅会陽~子供会陽 (2)

五大力餅会陽~子供会陽 (2)

重さ53㎏の餅を抱え、その耐久時間を競います。小学校といえども高学年 (6年生)になると貫禄があるでしよう、 子どもたちの奮闘と余裕をご覧ください。縄から手が離れました、ヤバイ しかし5分以上持ち応えたとおもいますよ。精魂込めてがんばります。すねに餅をつけてはダメになる、審番のおじさんも覗きこみます。左側後ろの数字は 5.00 分を越した表示だ。↓5年生の女の子 1.00分をこえました。↓後ろにまわるとこ...

4